Lomilomi Massage Attractions

ハワイ伝統のマッサージ ロミロミの魅力

🌺ロミロミとは

 

古代ハワイアンが医療として行っていた伝統的な癒しの方法、健康法のひとつです。

Lomi(ロミ)とはハワイ語で「揉む、さする、 押す、圧をかける、こねる 」 という意味があります。この技術によって、筋肉の緊張やコリを緩和させ、 血液やリンパの流れを改善していきます。

セラピストが呼吸を使いながらロミロミをすることで、受け手の身体にマナ(気)が入り、気の滞りが改善し、マナ(気)が身体中を巡っていきます。

また、過去からの否定的な出来事を断ち切る施術、ホオポノポノと呼ばれる心の浄化法では、これまでの人生でいつの間にか溜め込んでしまっていたマイナスのエネルギーを取り出し、空いたスペースにはMana(良いエネルギー)でいっぱいに満たします。
外側からも、そして内側へもアプローチをし、人生を前向きに進んでいけるよう癒していきます。

受け手の外側からアプローチをかけ、さらに内側にもアプローチを深め、癒し、人生をより前向きに進んでいけるよう、ハワイの太古の智慧が受け手の人生を応援していきます。

 

🌺レイアロハのロミロミの特徴

クムカレンのロミロミの大きな特徴は、お腹の施術の「オプフリ」と「シェルヒーリング」です。
レイアロハではこれらの施術をとても大切に扱い、秘伝の施術を伝統を守りながらお教えしています。
<オプフリ>
ハワイに古くから伝わる腸活ロミロミ

ロミロミのお腹の施術のことを、ハワイ語で、ʻŌpū Huli(オプフリ)と言います。

Ōpū=お腹、内臓
Huli=ひっくり返る、ねじれる

オプフリとは、ねじれた内臓という意味です。

大きなくしゃみをしたり、片手を思いっきり伸ばして遠くのものを取ったり、階段を踏み外したり、そんな日常生活の小さなアクションが原因で、内臓の位置は簡単にずれてしまうと言われています。

胃腸の位置がずれたり、下がってきてしまうと、本来の胃腸の動きは大きく低下してしまいます。
女性は子宮や卵巣の位置がずれてしまうと、生理痛の原因となったり、赤ちゃんを授かりたい方にとって妊娠への大きな障害となることがあります。

ハワイに古くから伝わる腹部の施術であるオプフリは、内臓を正しい位置に戻すことにより、その働きを改善させ、冷えを解消したり、胃腸の不調を治めたり、また不妊の改善にも役立ちます。ハワイのこのオプフリを受けるために、師匠クムカレンの元には毎年多くの日本人が訪れ、そしてたくさんの新しい命が誕生しました。

オプフリは、胃腸だけでなく、子宮や卵巣の位置も整えていくことで、内臓全体の動きを向上させ、身体の様々な不調を改善していくことができます。

また、赤ちゃんは、お母さんから生まれてくる時に大変な圧がかかることで、内臓が捻じれてしまう事があります。
夜泣きがおさまらない赤ちゃんは、この内臓の捻じれが原因であることも少なくありません。

オプフリの施術を赤ちゃんのお腹に行うことで、内臓の捻じれが治り、すやすやと眠るようになったという事例もあります。

腸活、妊活はもちろん、赤ちゃんの夜泣きにも、嬉しい効果が沢山あるオプフリには、太古からハワイの先人達が守り伝えてきた智慧と技術が詰まっています。

<クムカレンの遺したShell healing>
貝を使った施術
シェルを使った施術は、太古ハワイに存在した癒しの手法で、一度は途絶えてしまったその秘技を、クムカレンが精霊から学び、そのテクニックを現代に蘇らせて遺したものです。
筋肉のコリなどをほぐしたり、エネルギーを増幅して気の流れを整え、心身のバランスを取り戻していきます。

クムカレンの継承してきた正式なShell healingを行うことができるのは世界で、クムケハウラニや、クムカレンの教え子のみに限られています。

🌺ロミロミの歴史

自然界の全てのものに宿るエネルギーをハワイ語でMana(マナ)と呼びます。
ハワイにはこのマナを自在に操ることのできる優秀な神官(カフ) がおり、自然界に向けて人類への恵を祈ったり、病気を治すための儀式を行ったりしていました。 神官(カフ)はヘイアウと呼ばれる神殿で祈りを捧げたり、 患者の患部に触れたり、揉んだり、薬草を煎じて飲ませたりしていました。
医療行為を行う者はカフロミロミと呼ばれ、病気を治すことは崇高な行為とされるひとつの儀式とて取り扱われていました。
このようにハワイでは自然を敬い、自然の恵みに感謝し、 自然と共に、自然界のエネルギーに包まれながら生きていくという伝統的な考えが根付いています。
海、 空、風、石、岩、 木、 土など、自然界に存在するものすべてに神が宿っているという考えは、 神道の『八百方 (やおよろず)の神」の信仰と非常に似ているといわれています。
1800年代、西洋からハワイにもたらされた文化や宗教、 価値観、 生活習慣の違いから、ハワイ語、 フラダンス、そしてロミロミなどのハワイの伝統文化は異端とされ、 禁止されてしまいました。 存続の危機を迎えたハワイの伝統文化はその後、 ハワイの家族の間だけで密かに継承されてきました。ロミロミも密かに継承されてきた文化の内の一つです。
そのころ、 ハワイの家庭ではお年寄りから子供までが互いに毎日口ミロミをするようになりました。
一日の終わりに家族が集まって、 お互いにその日あった出来事などを話しながらロミロミをし合い、 家族同士の愛や絆を確かめ合っていました。
ロミロミとは肉体的な心地よさや開放感を与えるだけでなく、 家族の結びつきを強める重要な要素だったのです。
このように西洋文化の圧力の中、 ロミロミはそれぞれの家族の中で密かに継承されてきたため、 ロミロミのスタイルは多様化してきました。 そのため口ミロミは一つの流派に限りません。そこにはたくさんの施術法があるのです。

近年、ハワイ古来の伝統文化に対する関心が世界中で高まり、 ロミロミにも注目が集まるようになりました。

以前は家系の中で代々、伝統を受け継がれてきたロミロミですが、 現在では一般の人々や外国人にも扉が開かれています。
ハワイの一部の病院などでは伝統医学として治療に使われたり、またホテルのスパやサロンでも、日ごろの疲れを癒したりリラックスするためにロミロミが行われています。

お問合わせ